結婚指輪はどちらが買う?

婚約指輪は男性側が用意して女性に贈るものとされていますが、結婚指輪はどうなのでしょうか。

結婚指輪はどちらが買うのかというのは、結構悩んでいる人が多いようです。

婚約指輪を買った時に、結婚指輪も一緒にどうですかとお店で勧められたので、一緒に買ったという男性も多いですが、結婚指輪はお互い贈り合うものだとして二人で出し合って買うという人もいました。

また、婚約指輪をもらったから、結婚指輪は女性側が用意するという人もいました。

どれが正解というものはなく、これは二人で話し合って決めるのが良いようです。

男性が用意すると言ってくれたらそれはそれで甘えたら良いでしょうし、お互い贈り合おうということになればそれでも良いと思います。

贈り合おうとか、女性が用意するとなっても、男性が「ケチ」というわけではありませんよ。

その前に婚約指輪でかなり頑張ってくれたのですから、理解してあげてくださいね。

贈り合うことになったら、お互いの好みを伝え、納得できるものを選ぶようにしてください。

ふたりで一緒に選べるならそれが一番良いですね。

結婚指輪には、ふたりのイニシャルや結婚した年月が刻印されますよね。

そういったことから、お互いに贈り合うというのが一番ぴったりなのかもしれません。

結婚指輪をどちらが買うかで大モメしたというのはちょっと困りますね。

これから結婚して生活していく上でも不安があります。

お互い考えていることをはっきり言って、話し合うのはとても大事なことですから、きちんと話して決めるようにしましょう。

参考サイト=>[http://girlschannel.net/topics/66336/